アザラシのトレーニングの日々

毎日のトレーニング、栄養管理で得た知識を備忘録代わりに記録していきます。

 

痛風か(汗)

こんにちは

実は、今週気づいたら右足の踵が痛くて
その症状が今日も続いています。

あまりにも思い当たるフシがなかったのですが、
・酒を飲んでから痛みが出ている気がする
・汗をよくかくけど十分水分が取れているとは思えない。
・家族歴がある
ということでとうとう俺も痛風発症か!
と今日思いました。

大体痛風は、
・痛風関節炎の好発部位は足のおやゆびの付け根(第一中足趾節関節)。
・発赤、腫脹を伴う
というのが特徴的で
症状がずれていますが、
タンパクは、もちろん摂り過ぎているので(笑)
とりあえず整形外科を受診しました。

医師は、開口一番
「痛風だと、関節内の痛みだからちがうよ。」

ああ、良かった~~

その後、お決まりのレントゲンをとり、
「骨には問題ない。」
とお決まりのフレーズをいただけました。

トレーニングのことも色々聞かれましたが
「余り負荷をかけないように。」
と言われました。
先生スミマセンムリ(笑)です。
今日もトレーニングしちゃいました。
来週の脚の日までに気合で治します。

ていうか原因はなんだろう???
スポンサーサイト

鍼灸院開業マニュアル 浅野 周著

鍼灸院開業マニュアル
おはようございます。

別記事でも書きましたが、
先週ぎっくり腰になり、鍼灸院に月曜日かかりました。

そちらの先生とお話しているうちにこの本は面白いよと勧められました。
元々この著者の浅野先生のホームページは知っていて結構読んでいたし、
鍼灸師でもないのに他の著書を2冊ほど購入して読んでいました。
(浅野周先生のホームページ http://homepage2.nifty.com/pekingdo/hyousi.htm)

膝のトリガーポイント鍼治療を受けて以来、革命的なショックを受けて
トリガーポイント治療を色々勉強していましたが、
そのうちに大腰筋の治療を調べているうちに浅野先生のページに当たりました。

ツボの名前とか特に勉強しているわけではないので、
途中読んでいて辛いところもありますが面白かったです。

トリガーポイントやこのような治療法を色々勉強して何になるのでしょう?
一番のメリットは、怪我で先が見えなくて悲観的になるということが避けられることにあると思います。
レントゲン、MRIで正常だけど、痛みの原因がわからないとか
そういうモヤモヤしたのがなくなるし、
今回は、この筋に疲れが溜まっているのかな~とか
本当に冷静に対処できるようになりました。



私の怪我歴 半月板損傷手術を回避できました part6 最終回 初の治療後から現在まで

初の治療後
帰宅してから、まず
左足片足跳びをしまくりました(笑)

本当に痛くありません。
もう二度とトレーニングができないと思っていたのに
信じられないことが起きました

そして、治療を受けてから2、3日は筋肉痛のような症状が残ったので
様子を見ていましたが、その症状が治まったあと恐る恐るスクワットをしてみました。

まずバーのみ。
問題なし!


次60kg
問題なし!!


その時まで、自重でダメだったんです(くどい)。

その後ちょっと膝に痛みが出ました。
ただ、痛めた最初の頃よりも痛くなかったのですが
少し不安になりました。

しかし、その次治療を受けてからは、
今に至るまで、症状がぶり返して
膝が痛くなるということはありません。

ただ、怖かったので
60kg程度の軽い重量を10回×3セット
くらいからはじめました。

そして3週くらい経ってから
痛みが全く出ないので、
今度は10回×10セットで
スクワットをするようになりました。

そして、それから一回も挫折することなく
設定重量をクリアできて、
110kg×10回まで出来るようになったところで、
その次の週に140kgに挑戦しました。

結果、今のしゃがみよりも少なくパラレルスクワット程度ですが、
クリアできました。

治った自慢話に聞こえるかもしれませんが、
大好きなトレーニングが出来なかった時間は
地獄のような時間でした。
私の治療記をよんで、
一人の方でも、諦めず治療を続けて
元のように大好きな運動をしたり、
痛みに悩まされる時間、
手術をしたのに治らないという苦悩から
開放される方が、増えてくれればと思います。


手術については、半月板の損傷がひどくて
ロッキングを起こすようなときは必要なものだと思います。

ただ、痛みと半月板の損傷に関係がないということが、
事実だったとすると、やはり手術以外に
筋膜の過敏性を取り除き痛みをとるという治療は
大切なものだと思います。


ちなみに今は、筋膜リリースなども勉強して
以前よりも深いしゃがみのスクワットをして
脚をイジメています(笑)

筋膜性疼痛MPS研究会のホームページ
http://www.jmps.jp/general

私の怪我歴 半月板損傷手術を回避できました part5 トリガーポイント鍼治療

2012年9月
トリガーポイント鍼治療をするクリニックを受診しました。

受診時に
医師から、膝の内部に痛みを感じていても
それは、軟骨や骨や半月板からくる痛みではなくて、
問題となっている筋肉から来る関連痛の可能性が高くて、
その問題となっている筋肉の侵害受容器の過敏性を
鍼で取り除けば症状はなくなって動けるようになると説明を受けました。


しかし、その前に整骨院とかで治療も受けていたので、
話を聞きながらも
あ~また同じ説明だけは立派なパターンで良くならなかったらどうしよう
と半信半疑で医師の説明を聞いていました。

そして、治療が始まりました。
まず、触診
その頃はわかりませんでしたが、
私の痛みの訴えから
医師は外側広筋(太ももの外側の筋肉)の
膝関節に近い部分を
触診し始めました。
そして
鍼を刺し、
「いつも痛みを感じるところに痛みを感じますか?」
と質問されました。
最初は、なんともなかったのですが、
鍼を刺して刺激されているうちに
膝関節の内部に何かモヤモヤするような、
痛みのような感覚が出てきました。
そして、その応答を重ねて5、6本鍼を刺してもらいました。

その後、
股関節側に上がり
太ももの外に鍼を刺してもらいました。

そのまま、45分ほど安静にした後に
鍼を抜いてもらいました。

そしてその後医師から、
「屈伸してみてください。」
と言われスクワットの動作をしてみました。
4回、5回・・・。痛くない。信じられない。まだ不安。

「片足跳びをしてみてください。」
跳んでみた。
5回で痛くてもうできなかったのに
痛くない

狐につままれたような気分になりましたが、
とりあえず現実に起きていることなので
びっくりしましたかつ、受診して良かったと思いました。

そしてその後、家でするストレッチを教わり。
帰宅しました。

part6 最終回 初の治療後から現在までへ続く

私の怪我歴 半月板損傷手術を回避できました part4 発想転換

2件目の整形外科を受診してから発想が変わりました。

そもそもセカンドオピニオンのつもりで、
2件目を受診したけど、同じような臨床経験つんで、
同じ治療法を選択しているところにかかっても
診断は同じになるだけだったんじゃないのか

じゃあ、手術をしない治療法をしている医師はいるのかな~
と思いました
今考えると、この発想の転換のおかげで、
膝痛の克服ができたと思います

ただ、整形外科1件目と2件目の間に
整骨院を受診しそこで手術なんか必要ないよ~と
言われていたけど、全然改善しなかった苦い経験があったので
まあどうせダメなんだろうかと暗い気持ちではいました。

しかし、他にとる手段がなかったので、とりあえずいろいろ調べてました。
そうこうするうちに筋筋膜性疼痛症候群というものを知り
MPS研究会のホームページにいたりました。
http://www.jmps.jp/general


そして、医療機関・施術所情報から
近くで、トリガーポイント鍼治療をする医療機関を
見つけました。

ダメ元でも前にとりあえず進みたい、
これでダメなら手術を受けようと思い
その医療機関に問い合わせの電話をしました。

part5 トリガーポイント鍼治療へ続く

筋膜性疼痛MPS研究会のホームページ
http://www.jmps.jp/general

07-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

«   »

Search
プロフィール

アザラシ

Author:アザラシ
毎日のトレーニング、栄養管理で得た知識を備忘録代わりに記録していきます。

本格的にボディービル的なトレーニングを始めてから10年が過ぎました。デブでデブで痩せないな~と思っていた過去が懐かしいです。いろいろ勉強・実践して、いろいろ成功・失敗してきました。ネットの情報にも助けられ、また踊らされてきました。そんなことも色々書いていき人様のお役に立てれば(害になる恐れもありますが(笑))と思います。

ボディービルダーとしてのキャリアは、地方の県大会で優勝したくらいです。

FC2カウンター
ランキング
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ にほんブログ村 ダイエットブログ 40代男性のダイエットへ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
人気ブログランキング
FC2ブログランキング
ブログ村PVランキング
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム