アザラシのトレーニングの日々

毎日のトレーニング、栄養管理で得た知識を備忘録代わりに記録していきます。

 

とりむねにく 冷凍保存 手順

こんにちは
今回は、私が普段している鶏胸肉の冷凍保存の手順を紹介したいと思います。
くだらなく長い記事ですが、どうぞお付き合いください(笑)
どうせ食べるなら、かたいとりむねにくを少しでもやわらかくして食べたいですよね。

鶏むね処理2 2kg2つ

<コスト>
私のような貧乏ビルダーにはここが一番重要になります。
ここ最近、買っている鶏肉は2キログラムで842円(税込み)になります。
いつも1回で4kg処理するのですが、皮をはぐとおもさが大体3.5kg位になっているので、
可食部分100gあたりの価格は48円位になります。
これを1日600g食べるので、1日で288円です。
(サラダチキンとか100gで200円くらいしますよね・・・。
付加価値は手軽さだから仕方ないけど)

また、
料理酒と塩は、数円で
フリーザパックが1枚5円で、1日2枚なので
大体トータル1日 300円位でしょうか。
だから、1ヶ月30日なら9,000円ですね。

ん~でも、10年前くらいにはとりむねにく皮付きで100g19円とか
普通にあったんですよね。これからも値上がりするのかな・・・。

<作業時間>
いつも準備から、最後洗い物を終わらせるまで
4kg処理で大体40分から50分かかっています。

<気をつけていること>
食中毒には気をつけています。きちんとできているかはわかりませんが(笑)
まな板は野菜と別。
作業の切り替えの時に手を洗う。
とりにくを触った手で他のところを触らない等です。
今のところ食中毒にはなっていませんが、大会前に嘔吐下痢を起こして
過去に鶏胸肉を切ったまな板で、生野菜を調理して食中毒を起こし
大変な思いをしたことがあるのでことさら気を使っています。

作業手順

1.ボウルを用意 (塩もみ用 内径26cmくらいのボウル 2個、その他一時置き場用ボウル 2個)
塩もみ用のボウルに20ccの料理酒と、8gから10gの塩を入れておきます。
塩もみ用のボウルは、十分な大きさがないと揉み込みの時イラッと来ます(笑)
また、フリーザバッグもこの時点で12個用意しています。空けとかないと後で面倒です。
鶏むね処理3 料理酒と塩

2.肉を取り出してカワハギ、フォークでブスブス刺す
取り出すとき、汁をよく切っておくと後でイラッと来ません。
オフは適当なので、一番大きな皮をはいでおわり。
オンシーズンは、ちろっと残ったのもとります。
一袋分ずつ一時置き場用ボウルに分けます。
鶏むね処理4 皮をむきフォークを刺す

3.肉を切る
適当な大きさに切っていますが、最近はそぎ切りっぽく料理酒と塩がしみるように切っています。なんか若干食べやすくなっているような気がします。ためしてガッテンで鶏胸肉の筋繊維を活かした切り方が紹介されていたので、今度からはそれも参考にしようかなと思います。
鶏むね処理5 そぎ切り

4.塩もみ用のボウルにいれる
切ったそばからドカドカ、ボウルに投入。
鶏むね処理6 ボウルにいれる

5.切り分け完了後塩もみ
切り分けが完了したらそのまま塩もみします。適当です(笑)
だいたい均一な感じになっていたら止めて、ここで手をしっかり石鹸で洗います。
鶏むね処理7 切り分け完了

6.計り作業
計量します。右手にビニール手袋をして左手にフリーザバッグを持ち、300g計っては入れを繰り返します。
賞味期限が長い時は、ジップロックのタッパーに入れて冷蔵保存してます。(フリーザバッグすらケチる、どケチ!!)
鶏むね処理8 計り作業

7.空気抜き
この後、右手のビニール手袋をとって、ストローを使って空気抜きをします。
※現在はストローを使っていません、普通に空気を抜いています。
食中毒に気をつけないといけないので、汁等吸わないように気をつけています(笑)
が、たまにどう考えても1mmくらいの切れ端を吸っていることがあります(笑)
今のところはそれで食中毒になったことはないですが、気をつけないと


平成28年5月14日追記
鶏肉のカンピロバクター感染症により、ギラン・バレー症候群を
発生することがあります。
参考 厚生労働省 カンピロバクター食中毒予防について(Q&A)
http://www.mhlw.go.jp/qa/syokuhin/campylo/
カンピロバクター食中毒は、加熱調理によりカンピロバクターを死滅させること、カンピロバクターに汚染されている可能性のある食品からの二次汚染を防止することにより予防が可能です。具体的には、(1)食肉は十分に加熱調理(中心部を75℃以上で1分間以上加熱)を行うほか、二次汚染防止のために(2)食肉は他の食品と調理器具や容器を分けて処理や保存を行う、(3)食肉を取り扱った後は手を洗ってから他の食品を取り扱う、(4)食肉に触れた調理器具等は使用後洗浄・殺菌を行うことが重要です。
鶏むね処理9 空気抜き - コピー
<ダメな例です、真似しないでください>

8.平たくして冷凍して終わり
空気抜きをしたあと、平たくして冷凍庫に入れて保存します。
そして、その後洗い物をして作業終了です。
鶏むね処理10 冷凍前

まあ、結局この作業でできるのは5.5日分なので、
大変面倒くさいのですが、もう慣れましたし、
やっぱり、固形物を食べないと減量中は我慢がきかない性質なので、
しかたがないと思います。

長文&くどい説明ですがお付き合いくださってありがとうございました。
最小限のコストに抑えようと努力していますが、
なんか他に良い方法、安い鶏肉が売っているサイトなどあれば教えて下さい!!
スポンサーサイト

Comments



 

 
09-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

«   »

Search
プロフィール

アザラシ

Author:アザラシ
毎日のトレーニング、栄養管理で得た知識を備忘録代わりに記録していきます。

本格的にボディービル的なトレーニングを始めてから10年が過ぎました。デブでデブで痩せないな~と思っていた過去が懐かしいです。いろいろ勉強・実践して、いろいろ成功・失敗してきました。ネットの情報にも助けられ、また踊らされてきました。そんなことも色々書いていき人様のお役に立てれば(害になる恐れもありますが(笑))と思います。

ボディービルダーとしてのキャリアは、地方の県大会で優勝したくらいです。

FC2カウンター
ランキング
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ にほんブログ村 ダイエットブログ 40代男性のダイエットへ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
人気ブログランキング
FC2ブログランキング
ブログ村PVランキング
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム